idea sharing about Mac&PC

Mac基礎レッスン2014

Mac基礎レッスンのカリキュラム(OS X Mavericks版)
Mac基礎レッスンは
MacOS基礎(2時間)+インターネット基礎(4時間)
=合計6時間にて行ないます。

MacOS基礎レッスン内容を下記に
インターネット基礎レッスン内容は別ページに記載します。


◎本体(ハード)について
◇CPU
◇メモリ
◇HDD(ハードディスク)

→Try)使っているMacのCPUを調べてみよう!
→Try)そのCPUの性能はどうくらいだろう?
→Try)使っているMacのメモリ容量を調べてみよう!
→Try)どのくらいの容量までメモリ増設できるか調べよう!
→Try)HDDの総容量・使っている容量・空き容量を調べよう!


◎関連機器について
◇iPhone
◇iPad
◇Windows
◇スマートフォン(スマホ)=アンドロイド

→TRY)今までに使ったことがある関連機器は?
→TRY)現在使っている関連機器は?
→TRY)これから使いたい関連機器は?


◎周辺機器について
◇液晶モニタ(ディスプレイ・画面)
◇キーボード・マウス
◇プリンタ
◇スキャナ、ドキュメントスキャナ
◇デジカメ

◎周辺機器の接続方法
◇USB
◇Bluetooth
◇Thunderbolt


◎ネットワークについて
◇インターネット回線(NTT光=Bフレッツ、ADSL、WiMAX)
◇プロバイダ
◇WiFi
◇携帯電話回線、モバイルデータ通信
◇テザリング


◎OSバージョン
Public Beta Siam
Mac OS X v10.0  Cheetah
Mac OS X v10.1  Puma
Mac OS X v10.2  Jaguar
Mac OS X v10.3  Panther
Mac OS X v10.4  Tiger
Mac OS X v10.5  Leopard
Mac OS X v10.6  Snow Leopard
Mac OS X v10.7  Lion
Mac OS X v10.8  Mountain Lion
Mac OS X v10.9  Mavericks
Mac OS X v10.10 Yosemite


◎デスクトップの説明

スクリーンショット 2014-07-04 11.58.50
◇デスクトップ
画面全体を指します。すべての操作はここでおこないます。

◇アップルメニュー
システム設定の変更やシステム終了など、基本的なメニューが集められている

◇メニューバー
ここからメニューを選択することで、操作が行えます。アプリケーションによって、メニューバーの表示は変化します。

◇ステータスバー
入力メニューや時計の表示、通知センターアイコン

◇Spotlightアイコン
探しているものが見つからない時はテキストを入力して検索辞書としても使え電卓を開かずに計算もできる

→Try)スポットライト検索を試してみよう!

(応用)Spotlight検索は色々と応用技があり便利です。もう少しMacに慣れてきたらご紹介します。

(補足)アイコンとはアプリケーション(ソフト)やファイルの種類をシンボル化した小さな絵記号

◇メニューバーのヘルプ機能・・・ヘルプメニューをクリックして知りたいことを入力して調べる


◎Dock

スクリーンショット 2014-07-04 12.06.06

◇Dock(メニュー)
・Dock とは画面の下または横にあるアイコンのバーのことです。
(ドックとはアイコンの列でアプリケーションを1クリックで起動できる。使っているものは下が光る)

Dock を使うと、Mac のアプリケーションの一部 Mac (メール、Safari、連絡先、QuickTime Player など) に簡単にアクセスできます。
また、現在実行中のアプリケーションを表示したり、最小化したアプリケーションウインドウを格納したりします。

・ゴミ箱 (くず入れのようなアイコン) も Dock にあります。
Dock に独自のアプリケーション、ファイル、フォルダを追加して自分が使いやすいようにすることもできます。

追加したい場合はアプリケーションから追加したいアイコンをDockにドラッグ&ドロップ(バージョンによる)

・Dockに入っているアイコンは全てアプリケーションのエイリアス

・Dockから削除したい場合はDockの外へドラッグ&ドロップ

・Dockの設定を変更したい場合は アップルメニュー→Dock→Dock環境設定

◇スタック・・・Dock右側部分。Dockにフォルダを追加することもできます。Dockに追加したフォルダをスタックと呼ぶ
スタックはフォルダにすばやくアクセスできる Dock の項目です。スタックをクリックすると、スタック内のファイルとフォルダが Dock から弧を描くようにまたは格子状に飛び出します。(ハードディスクにあるフォルダへのショートカット)


◎ソフトの起動と終了
◇Dockにあるアイコンをクリックして起動
◇Dockにないアプリケーションを起動するには・・・メニューバーの移動→アプリケーションまたはFinderの中のアプリケーションから一覧が見られる

◇アプリケーションの終了・・・終了したいアプリをクリックしてメニューバーから終了

×でも画面は終了(閉じれる)出来るのだけれど、その場合は画面が閉じただけでアプリケーション自体は終了されていない。


◎Launchpad(ローンチパッド)

OS10.7 LIONからの機能

スクリーンショット 2014-07-04 11.59.46

◇DockにあるLaunchpadのアイコンをクリック(ノートの場合はF4でも可能)

iPhoneやiPad に似たような画面になる。インストールされているアプリケーションのアイコンが並んでいます。
アイコンをクリックしてアプリを起動


◎ウインドウ
◇Safariなどインターネットを起動して解説
・タイトルバー
・スクロールバー
・赤黄緑ボタン

botan
閉じるボタン(赤)
しまうボタン(黄)
ズームボタン(緑)=画面の最大化

◇フルスクリーン(対応アプリの場合)

full
右上のフルスクリーンマークをクリック
戻す時は同じマークをクリックかescを押す


◎Mission Control

OS10.7 LIONからの機能

スクリーンショット 2014-07-04 12.02.44

◇作業中に、画面たくさんのウインドウが開いて混乱してしまう場合があります。そんな時に、目的のアプリケーションを一覧で表示し、すぐに見つけられる機能が”Mission Control”

◇ウインドウが散らかっているときに切り替えの操作をしてみる
トラックパッドでは3本指で上へスワイプ
キーボードではcontrolキーを押しながら↑を押す
(Dockかアプリにもアイコンがある)

◇Mission Controlの画面に切り替わったら使用したいアプリを選ぶ(ウインドウにポインタを合わせてスペースキーを押すと拡大にもなる)

◇アプリケーションの切り替えの他の方法
Dockのアイコンをクリックして切り替える
コマンド+tabでアプリの切り替え


◎Dashboard

スクリーンショット 2014-07-04 12.03.12

◇Dashboardのアイコンで起動
◇Mission ControlからDashboardに切り替える
(ノートの場合は3本指で右方向へスワイプ or F3)

・計算機、天気、株式などのウィジェットを表示

◇ウィジェットの追加や削除方法を説明
いつでもすぐに表示して使え、使い終わったらすぐに元の画面の戻ることができます。自分の環境や好みに合わせて使用できる。


◎Finder

finder
全てのファイルを表示しMacにあるファイルを素早く検索

◇Finderアイコンまたはcommand+Nで起動
Finder には、アプリケーション、書類、ファイル、フォルダ、など、Mac 上にあるほぼすべての項目を表示して、アクセスできます。Finder を使って、すべてのファイルやフォルダを思い通りに整理したり、Mac 上を検索したり、不要な項目を削除したりと、さまざまな機能を実行できます。

◇サイドバーの説明
表示変更したい場合はメニューバーのFinder→環境設定→サイドバーから変更

◇Finderウインドウの表示方法(表示ボタンで切り替え)
・アイコン表示
・リスト表示
・カラム表示
・CoverFlow表示

◇Finderにもtab機能あり・・・Finderウインドウを出している時にファイル→新規タブcommand+t

◇ウインドウの大きさや場所を移動させるには
・拡大/縮小ボタンで調節
・ウインドウの周囲をドラッグする(ウインドウの辺または角のいずれかにマウスポインタを合わせます。ポインタが矢印の形に変わったらドラッグ)

◇ウインドウの場所を動かす
・タイトルバーをドラッグする
複数のウインドウを開き、重なり合って見づらいときなどに、場所を調整するとよいでしょう。


◎ファイルの作成

◇ファイルとは・・・アプリケーションで作成したデータのこと
パソコンで処理可能なデータを保存したもの(文書ファイル・音声ファイル・画像ファイルなど)
テキストエディットなどを起動してファイルを作成してみましょう


◎入力

textedit
◇テキストエディットを起動する

ひらがなの入力なのかアルファベットの入力なのか選択
・デスクトップ上部メニューアイコンをクリックして選ぶ
・キーボードのかな、英数で切り替え

実際にひらがなの文字を入力して変換方法やカタカナ変換したりしてみましょう
・カタカナ変換するときは control+Kを押すとカタカナに一発で変換される。
・アルファベットの大文字を入力する時はshiftを押しながら文字のキーを押す
・大文字を続けて入力する時はcapsキーを押して文字を打つ。もう一度capsキーを押すと元に戻る。capsキーのランプが消える→capsロック

◇かなで入力したものをアルファベットに変換するまたはその逆
・ひらがな入力のまま「Hello」と入力した時に「へっろ」となってしまいます。

この時に未確定の状態で英数キーを2回続けて押すと「Hello」に変換できる。
・反対に「おはよう」と入力したかったのに「ohayou」と入力してしまったら[かな]キーを2回続けて押すとみかくていの「おはよう」に変わります。

◇日本語入力ソフト(IME=Input Method Editor)
「ことえり」
日本語入力はMacOS標準の「ことえり」というソフトがMac標準です。
Macの日本語IMEは「ことえり」の他に「ATOK」などがあります。


◎読み方のわからない漢字を入力するには

スクリーンショット 2014-07-04 12.18.53

入力メニュー→文字ビューアを表示
文字ビューアから漢字を選択→探したい漢字の部首の画数から探す

スクリーンショット 2014-07-04 12.18.11


◎コピー&ペースト
◇通称「コピペ」
◇コピー
◇カット
◇ペースト
◇コマンド+C、コマンド+V

→Try)編集メニューからコピー&ペースト、カット&コピー
→Try)ショートカット操作でコピー&ペースト、カット&コピー

◇コピペはWindows、iPhone、携帯、スマホでもできます。

→TRY)Mac以外の機器でもコピペを試してみよう!


◎便利なショートカット操作
◇コマンド+Z
◇コマンド+S
◇コマンド+C、コマンド+V
◇コマンド+Tab


◇作成したファイルを保存

・ファイルメニューから保存→保存場所と保存名を決めて保存
→Finderウインドウの書類に「入力練習」と保存してみましょう
保存名には記号やスペースは使えない。システム上使われているので混乱する。
・保存したファイルを確認してみましょう

◇拡張子・・・そのファイルが何のファイルであるのか判別し、ファイルをクリックすると対応したソフトで開くことができるようになっています。
どのアプリケーション(ソフト)で作成されたのかって言うのが分かる。
例えば写真なら jpg、メモ帳は .txt、音楽なら mp3、PDFファイルなら pdfなど


◎保存したファイルを開くには
◇ファイルをダブルクリック・・アプリケーションは起動しなくても自動的に起動するので大丈夫
◇メニューから開く・・アプリケーションを起動している時はメニューからファイルを開く事もできる
◇最近使った項目を開く・・アプリケーションのファイルメニューから「最近使った項目を開く」を選択するとこともできる。


◎新しいファイルの作成

◇ファイルメニューから「新規」を選択
・別の書類が開いているときにも新規は作成できます。
→書類の中に「入力練習2」を保存


◎新しいフォルダを作成

folder

フォルダとは・・・ファイルをひとまとめにしまっておくところ(引き出し)

◇フォルダを作りたい場所のFinderウインドウを開く
→ここでは「書類」フォルダの中に新しいフォルダ作ってみましょう
・ファイルメニューの新規フォルダから作成
・作成したい場所に右クリックして新規フォルダを作成


◎ファイル・フォルダの名前変更
・ファイルを選択してreturn
・右クリックで「情報をみる」→名前と拡張子の部分を変更
・画像を選択し、coomand+iで情報を見る
◇拡張子は触ってはいけない事の説明


◎ファイルをフォルダに入れる
◇同じウインドウ内にある場合とファイルとフォルダが別々の場所にある時の練習をしましょう
→別々のウインドウ(例:書類とダウンロードの中)の場合は2つウインドウを開

いてもいいですし、Finderウインドウにタブを作ってもよい。


◎ファイルを複製するには
◇メニューから複製
・複製したいファイルを選択し、ファイル→複製
(同じフォルダ内に同じ名前のファイルが存在することは出来ないのでコピーと付く)

◇ドラッグ操作で複製
・optionキーを押しながらドラッグ&ドロップ
(ドラッグ先はどこでもOK)(フォルダも同様に複製できる)


◎ファイル・フォルダの削除
◇command+delete
◇右クリック→ゴミ箱へ入れる
◇ゴミ箱へドラッグ

ゴミ箱の中身を空に出来る事も説明する。→空にすると完全に削除されてしまう


◎複数のアイコンの選択

◇ドラッグして選択
アイコン表示の時の時にアイコンのないところからドラッグを開始し選択したい
アイコンを囲むようにする

◇commandを使って選択
リスト表示で選択したいファイルをcommandを押しながら選択(とびとびに選択できる)

◇shiftを押しながら選択
選択したいファイルをクリックし、shiftを押しながら選択を終了したいファイルをクリック
(開始から終了までの全てのファイルが選択される)

◇メニューを使用してすべてを選択する
「編集」→「すべてを選択」
command+A も余裕があればやってみましょう


◎ファイルやフォルダのエイリアスを作ってみる
エイリアスとはファイルやフォルダの分身のようなものです
エイリアスを開くと、オリジナルの項目が開きます


◎ファイルやフォルダの情報を見る


◎Finderウインドウでの検索


◎Quick look・・・ファイルを選択し、space


◎スクリーンショット

◇画面全体のスクリーンショットを撮る・・・command+shift+3

◇画面の一部を範囲選択してスクリーンショットを撮る・・command+shift+4を押してから十字形のポインタをドラッグして領域を選択

◇画面の特定のwindowを指定してスクリーンショットを撮る・・・command+shift+4+spaceを押してから、対象のwindowを選択


◎データ量(重さ)単位の説明


◎ダウンロードの説明
◎インストールの説明


◎最初からMacに入っているアプリの説明


◎ブラインドタッチ練習
◇ eタイピング とうサイトがおすすめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です